スノーボードの板選び

スノーボードにおいて板選びは慎重にそして確実に

スノーボードの板を選ぶ際に、しっかりとした知識を持たずに選んでしまうとそれからのスノーボード生活がつまらないものになってしまうばかりか成長の妨げになってしまう可能性もあるので、そうならない為に正しい知識を身につけて、できればその知識を活かして選んだ板に試乗するところまでやって欲しいと思います。

板の長さ

板選びの中で最も重要なのが板の長さ。
一般的に『自分の身長-15cm』と言われていますがこれは平均的にということなので、下記の表を参考にしてもらえると良いかと思います。

その人の身長 板の長さの参考値
180cm前後の人 自分の身長-20cm
170cm前後の人 自分の身長-15cm
150cm前後の人 自分の身長-10cm
この長さを基準にして、自分のやりたいスタイルによって調節しましょう。

スピードを追求していくスタイル

基準より少し長めにしましょう。
板を長めにすることでその分板の重量が重くなるので安定し、大きなターンを描くことができ高速滑走でも板がバタつきにくくなります。

ジブやグラトリなど回し系をしていくスタイル

基準より少し短めにしましょう。
その分板の重量が軽くなり、取り回し易くなります。
またノーズ部分とテール部分が標準の長さよりも短くなるので、グラトリなどをするときのキッカケ作りがしやすい。

板の幅

板の長さと言えば、板の縦の長さもありますが板の幅も重要な要因になってきます。
下に主な幅の名称と該当箇所を載せておきます。

haba

一般的にスノーボードの幅というと、ウェスト幅を指すことがほとんどです。

幅の狭い板

スノーボードクロス用の板を一目みれば分かりますが、板が細い方がターンに切れ味が出ます。
フリーラン中に鋭いターンで他を魅了したいなら細めの板をチョイスしましょう!

幅の広い板

一方の幅が広い板になると、安定感のあるライディングができジブなどのパークライディングをする人にオススメ。
またモデルによってはワイドモデルという、通常よりも幅を広めに作ってある板が存在し
足が大きくてブーツがビンディングに装着した時にあまりにも板よりも外側に出てしまうようなら、このワイドモデルを選びましょう。

板の形状

板の形状は近年急速的に技術が進歩し、様々な形状が開発されてきましたが大きく分けて2つの形状に分類されます。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

ディレクショナル
ディレクショナルとは、テールよりもノーズが長く、テールとノーズの形状が異なる板を指します。

dhirekusyonal
※画像はノーズとテールの形状の違いを分かり易くするために大袈裟に描いています。

なぜこのような形状をしているのかというと、高速走行した時にノーズが長いと板が安定します。
スポーツカーを想像してみると分かりやすいかと思いますが、前部が長いですよね。
高速滑走をしたい人にはディレクショナル形状で決まり。


ツインチップ
ディレクショナルに対してツインチップはノーズとテールの長さが均一で形状も全く同じ板のこと。

twintip
ツインチップは、取り回しの良さが魅力。
車で表現するなら、軽自動車を想像してみると分かりやすく、前と後ろの長さが同じなので、高速走行には向いていませんが小回りは効きます。
またグラウンドトリックやジブをする時に、スイッチ(スタンスが逆になること)で滑る局面が多くなりますが、その時にツインチップだとノーズとテールの長さが一緒なので違和感なく滑ることができます。
トリック系の滑りをしたい人はツインチップで決まりですね。

ディレクショナルツイン

ディレクショナルツインという形状も一応存在するので説明しておくと、言葉のままですがディレクショナルとツインチップを足して2で割った形状です。
テールよりもノーズが長いが、ノーズとテールの形状は全く同じ。
オールラウンドにスノーボードを楽しみたい人向けには丁度良いボードに成ります。

988b84

板を真横から見た時の形状

keijo

ロッカー形状

ロッカー形状の板がリリースされた時、スノーボード業界に激震が走ったのを今でも覚えています。
キャンバーがなければ雪の上をターンすることは不可能だと考えられていたにも関わらず、あらゆる欠点を克服し今では当たり前のように各ブランドがロッカーを取り入れたボードをリリースしています。
ロッカーの中でも、UロッカーやVロッカーなど新しい技術が開発されていますが、メリットは逆エッジになりずらいことや板がしなり易いのでプレス系トリックがやりやすいなどが挙げられます。
また浮力が強いのも特徴的でパウダーランに使用すると、より浮遊感を味わうことができ、特にパウダーランに慣れていなくても上手く滑れてしまう。

キャンバー形状

スノーボードの形状といったら、キャンバーが当たり前でした。
だからもう古いとか劣るのか?
と思ったら大間違いで、ターンしているときの雪面の食い込み・板をしっかりと踏んだ時の反発(オーリーなど高さが出る)など長年の開発によって培われた形状は確かなメリットを持っています。
ベテランスノーボーダーから言わせると、やっぱりキャンバーが正統派でロッカーは邪道という見られ方を時々されます。

ダブルキャンバー形状

ダブルキャンバーとは、板の中心はロッカー形状でテールノーズ両側のビンディングの下辺りがキャンバーになっているという、ロッカーとキャンバーの良い所を搔い摘んだ形状。
中心がロッカーになっているので、操作性が高く逆エッジにもなりにくく、ノーズ部分とテール部分がキャンバーになっているのでキャンバー特有の反発を感じることができます。

フラット形状

ロッカー形状の板は、板の中心からノーズとテールが大きく浮いていますが、フラット形状は板の中心付近がピッタリと雪面に接地するような、丁度ロッカーとキャンバーの中間を狙ったような形状をしています。
トゥエッジとヒールエッジの切り替えが楽に、且つ素早くできるのがメリットとして挙げられ、感覚的な話になってしまいますが、キャンバーよりも楽に滑ることができ、ロッカーよりはかっちりと滑れます。

フラットロッカー形状

更にフラット形状とロッカー形状の中間を取った、フラットロッカー形状というものがあります。
ややこしいな。。。と思われるかもしれませんが、簡単に説明すると両足のビンディング間はフラットで、そこからそれぞれノーズとテールに向かってロッカーのように反りあがっている形状を指します。

板の固さ

板の固さも板選びにおいて重要な点になります。
固さに2種類あり、縦方向のしなりの固さをフレックスと呼び、横方向のねじれの固さをトーションと呼びます。
スノーボードの板はこのトーションとフレックスがあるからこそターンやジャンプすることができます。

柔らかい板

初心者の方や女性の方は柔らかめの板がオススメで、少ない力で滑ることができます。
また上級者でも、グラトリやジブにおいて扱いやすいので好んで使う人もいます。
デメリットとしては、柔らかいが故に高速滑走した際に板がバタついてしまって安定しません。

固い板

ある程度スノーボードの経験を積んでいて、脚力のある男性は固めの板に乗ってみると調子が良くなるかもしれません。
しっかりと板を踏めないと、固さからくるトーションやフレックスを上手く使うことができないので扱いづらいです。
反面しっかりと板を踏める滑りができれば、高速滑走の時に板のバタつきが少ないの美しいカービングターンができ、キッカーなどを使用してビックトリックを行うときも強い反発を上手く使えれば高さのあるトリックが出せます。

以上の点をふまえて板選びをすることができれば、自分にピッタリの板を見つけることができるはずです。
自分に合った板で滑っていると、上達も間違いなく早くなりますし何しろ楽しいです。

コメントをどうぞ