スノーボードのブーツ選び

スノーボードのブーツびは最重要そして慎重に

スノーボードをする際には様々な道具を使いますが、その道具の中で最も重要な道具と言われているのがブーツです。
自分の足の型にあったブーツを選ばずにスノーボードをすると、足が痛くなってしまったり、力がボードに上手く伝わらなかったりします。
スノーボードの道具選びで一番慎重に行って欲しいのが、ブーツ選びです。
ブーツの種類から、ブーツの選び方まで説明していきます。

ブーツの種類

ボアシステムブーツ

ボアブーツの特徴は紐がワイヤーになっており、ブーツに装着されているダイヤルを回すだけで全体が締められていくというものです。
故にボアシステムブーツの最大の利点は着脱のスピード感に成ります。
この着脱の早さに惹かれてボアシステムブーツを選ぶ人が大半です。

デメリットとしては、締め具合の調節ができないという部分で、足首の部分が緩いなーと感じた時にピンポイントで締めることができないという点が挙げられます。
またボアシステムが壊れてしまうと、全く使い物にならなくなってしまうので、壊れやすいのもネックの1つです。

クイックレースブーツ

クイックレースというだけあって、ボアシステムにひけを取らない早さでブーツを締めることができます。
通常のクイックレースタイプは左右に引っ張る用の紐が出ており、その紐を上に引っ張るだけでブーツを締めることができます。
あまり力を使わずに締めることができるので女性や子供に人気のモデルです。

紐タイプブーツ

ボアシステムブーツやクイックレースタイプなどの技術が開発される以前からずっとある、通常のモデル。
スノーボードを長くやっている人は結構ボアシステムブーツやクイックレースタイプではなく、この紐タイプを愛用していることが多いです。
やはり原点回帰ということなのでしょうか。紐をいちいち締めることの面倒臭さを除けば、部分部分の締め具合などを調節することができます。
だがデメリットもあり、ある程度の力がないとしっかりブーツを締めることができません。
女性や子供の場合、力があまりないので紐タイプのブーツは向かないと思います。
このようなデメリットを補完する為に力をあまり要さず簡単に装着することのできるボアシステムブーツはクイックレースブーツが市場に出始めたのではと考えられます。

ブーツの正しい選び方

ブーツ選びで最も大事なことは

フィッティング(試着)してみること

フィッティングをしてみないことには、自分の足とブーツが合っているのかどうか判断することができない。
ブーツに関しては一度ショップに足を運んでフィッティングしてみよう。
以下にフィッティング時に注意して見るポイントを説明していくので、参考にして下さい。

※フィッティング時の注意すること
靴下は普段履いているものではなく、スノーボードをする時に履く厚手のものを持参しよう。
ブーツを履いた時の感覚をできるだけスノーボードをする時の感覚に近づけるために欠かせない。

ブーツの横幅は足に合っているかどうか

海外メーカーのブーツは基本的に外国人の足に合わせて作られています。(現在ではジャパンフィットという日本人の足向けのブーツがリリースされていますが)
1人1人で足の形は様々で、特に足の横幅は異なり、足の縦の長さは一緒でも、足の幅が広い人、幅が狭い人。様々です。
ある程度はスノーボードをしていれば自分の足に馴染んできますが、自分の足の幅で無理なくブーツのインナーに収まるかどうか見るのは大事なことです。

つま先が余り過ぎてないか、キツくないか

基本的にブーツは大きめに作られているため、普段履いている靴の大きさよりも0.5センチ小さいものをまずは履いてみましょう。
実際にブーツを履き、つま先を地面にトントン打ちつけてみて、ギリギリ当たらないくらいのものを選びましょう。

カカトが浮いてしまわないか

ブーツのつま先を地面にトントンして、スノーボードのターンの時のようにつま先に加重してみて、そこでカカトが浮いてしまわないか確認しましょう。
カカトが浮いてしまっているということは、足にブーツがフィットしていないということで、実際にスノーボードをしたときに、余分なスペースができてしまう分、板の反応が遅れてしまいます。ここはしっかりと見ていきましょう。

動かしてみて痛いところはないか

スノーボードを実際にしている時を想像してみて、できる範囲で動かしてみましょう(できれば10分程度履きましょう)。
ブーツに足が合っていない場合、足首や小指の付け根など色々な部分が痛くなるはずです。
そうしたら痛くなる原因を探して、締め方やインナーブーツをもう一度丁寧に履けば解決できるのか、それともそもそもブーツに足が合ってないのかを判断しましょう。

滑走途中に足が痛くなる

購入時にフィッティングして、ブーツとの相性をみたのに滑走中に足首や足のスネ周辺が痛くなることがあります。
これはほとんどの場合、ソックスがヨレてしまっていたり保温の為に履いているレッグインナーとソックスが重なっている部分が足を圧迫して痛くなっていることがほとんどです。
改善策としては『ソックスをピンと伸ばした状態でブーツを履くこと・レッグインナーとソックスが重なっている部分を作らない』ことで解消されます。

ブーツ選びの際に出てくる用語

インナーブーツ
ブーツは基本的に2重構造になっており、中にインナーブーツというものが入っています。
現在様々な技術が開発されていて、スノーボードを快適にできるように日々進化し続けているパーツ。

ソール
ブーツの裏側の底の部分を指す。
衝撃吸収のためにクッション性のある素材が使用されていて、ジェルが入ったソールなどもリリースされている。

タン
タンとは和訳すると舌。
足のスネとシューレスの間に位置しているクッションのようなもの。
シューレスを縛った時に、スネにフィットしてホールド力を高める役割を持つ。

シューレス
靴ひものこと。

フレックス
ブーツの硬さを現す言葉で、ソフトフレックス(柔らかい)ハードフレックス(硬い)と表現する。

一言

最後にブーツ選びは、ショップに行って時間の許す限り履いてみて自分に合った物を選んで下さい。店員がまだ履くのぐらいまで履いて下さい。其れがスノーボードの上達に変わり・楽しさに変わります。