ニット帽はスノーボードを快適に楽しむ必需品

ウィンタースポーツを楽しむ人にとって、冬の定番アイテムとなるのが「ニット帽」。真っ白で冷たい雪の降るゲレンデにおいて、髪の毛を濡らさず、耳や頭を寒さから守ってくれるニット帽は、スノーボードを快適に楽しむために無くてはならない必需品の1つ。

また最近では、素材や色、形などなど個性的なデザインが多様にあり、ゲレンデのみならず、ストリートでも大活躍のニット帽ですが、実際にスノーボードをする時に使う場合、単に暖かくてオシャレなだけではなく、ゴーグルを装着した時の使い易さなども考慮して選ぶ必要があります。

スノーボード ニット帽ボンボン付き、ツバ付き、イカ帽などなど、とにかくいろんなデザインの商品がたくさんあります。ウェアやゴーグルに合わせてお気に入りを探すのが楽しい!



スキー場での帽子のかぶりかた

スキー場で街と同じようにおでこを少し出してかぶっていたり、前髪を出してかぶっていたりする人をよく見かけます。確かに街ではかわいいかもしれませんが、実際のスキー場だとゴーグルと帽子の間からおでこが除いていたり、前髪が邪魔でゴーグルがきっちりフィットしなかったり、かっこ悪いだけならまだしも、変な日焼け跡がついたり、ケガの原因になったりとあまりおススメできません。スキー場ではおでこはしっかり隠してかぶりましょう。

スキー場でのニット帽の選び方

ニット帽によくある折り返しの分厚いもの。あれはゴーグルを被るときに浮いてしまいおススメできません。
また、深くかぶれないような小さいものもNG。先ほども言いましたけどおでこが出てしまいますからね。
生地は分厚く、折り返しのない深くかぶれるものを選びましょう。

最近増えてきているヘルメットの着用

最近、上級者ほどヘルメットをかぶってスキーをする傾向が増えてきています。
海外ではヘルメットなしでスキーを楽しむ日本人は非常識に映るそうです。
何かあったと気にはヘルメットの方が断然安全!変な帽子よりよっぽどかっこいいですよ。

オシャレより身を守るためのツールとして

確かにスキーの楽しみと言えば、ウェアや帽子をかわいくすること。
ただしスキーはあくまでもスポーツ。身につけるものひとつは寒さやけがから身を守る大切なツールなのです。
だから、一番に考えるべきはやっぱり機能性。そこにおしゃれをくっつけて初めて本当のセンスのいい人間だと思いますよ。

スノーボード ゴーグルの選び方

スノーボードのゴーグルを選ぶときには以下の事を確認します。
•密着感
•視認性

曇りやすさに関して

•カラー
•センターバックル
•ネット通販で購入する時の注意点

これらは、曇り易さや滑り易さなどに関わってきます。
私はゴーグルの大事さを結構滑った後に体感したのですが、ゴーグルは気持ちよく滑れるかどうかに影響が大きく、他のスノボ道具と同様に長い期間使用できるものなので、スノボ初心者の内から納得した商品を購入しておくのが良いと思います。

密着感の確認をする

ゴーグルの密着感、フィット感によって、滑っている時の曇りやすさが変わってきます。
スノボ用品は海外ブランドの物がかなり多いのですが、アジア人と西洋人では顔の彫りの違いなどがありますので、商品によって、日本人に合う・合わないが結構あります。
海外ブランドも日本人向けに改良されて販売されている商品も多くあるのですが、中には、フィット感が日本人に最適化されているとはいえない商品も販売されています。
そして、同じ日本人だとしても、もちろん人によって付け心地は様々です。
ですので、実際に試しておかないと、レビューなどを見ただけでは、自分がつけた時に隙間が出来ないかどうかホントの所は分からなかったりします。
特に値段が張るゴーグルを購入する際には、実際に試してからの方が良いと思います。
特に、「鼻に当たる部分が緩くないかどうか」と、「適度な圧力が感じられるかどうか」の確認をしておきます。

視認性の確認をする

最近のゴーグルはグラスが2枚になっているタイプも発売されています。
ゴーグルは、ゴーグル内部と外部の温度差によって曇ってくるのですが、グラスが二枚になっていると、間に空気の層もできますし、物理的に内側のグラスに直接冷たい空気(滑っている時の風など)が当たらないので、温度の差を抑えやすいという商品です。
見た目的には分かりづらいのですが、ゴーグルの内側から指を当てて逆側からグラスを見れば、指がどこまできているかで二枚あるかどうかすぐに分かります。(もちろん製品の特徴についての説明書きでも分かります。)
グラスの間が曇ってしまうと拭く事ができないので、休憩所などで暖めてから(水滴を取り除くため乾かしてから)冷やす(外の温度に合わせる)というのをしなくてはいけない事もありますが、基本的には曇りにくい商品です。

カラーの違いも選ぶ基準の一つ

また、ゲレンデの見えやすさなどは、ゴーグルのカラーによっても変わってきます。
晴れのとき、曇りのとき、雪のときなど、状況によって見やすいカラーがあります。
単純に考えると当たり前な気がしますが、ゴーグルを購入する時は自分の好きなカラーだけで選んでしまいがちですので、カラーの違いも知っておくと違った選択肢も出てくるかも知れません。
私はゴールドの商品を見たときに物凄い気に入ったので、迷わずゴールドにしましたが、ゴールドは曇りの日の視認性が、他の色に比べると落ちるカラーです。
私自身は自分が気に入ったカラーを使用するのが良いとも思いますが、より実用性を求めているならば、主要なカラーの特徴をお店で確認するのが良いと思います。(だいたいどこの店舗もゴーグルの売り場にカラーによる違いの一覧表が置いてあります。)
また、商品によっては異なるカラーのグラス面がおまけ的に入っていて、取り外して付け替えれば、状況によってカラーを変更するなんていう使い方ができるものもあります。
だいたい、もう一枚のグラスのカラーを選ぶ事はできず、入っていたとしてもプラス1枚です。
(お店のサービスというわけではなく、ゴーグルのメーカー自体が同梱していますので。)

センターバックル

ゴーグルを選ぶ際に気をつけたいのは、センターバックルになっているかどうかという事もあります。

好みもあると思いますが、便利さを考えると私の場合はゴーグルはセンターバックル一択です。

センターバックルセンターバックルというのは、ゴーグルのベルト部分を二つに分けることができて頭の後ではめればゴーグルを装着できるものです。(後でパチンッと外せてつけられるもの)

違和感のない箇所にゴーグルを付け易いというのが一番の魅力です。

ゴーグルの密着感が良い様に付け心地を整えた後に、そのままゴーグルを抑えた状態で後ろでバックルをはめれば良いので、帽子がズレる事無くゴーグルを付けることができます。

帽子がズレて、帽子とゴーグルの間に変な隙間ができたりすると、気になって付け直したくなる事も多いので、その心配がないセンターバックルはホントおすすめです。

ネット通販で購入する時の注意点

また、ネット通販でゴーグルを購入する時に注意したいのは、表記されている型番が同じだとしてもベルト部分が違う事があるという事です。
欲しいセンターバックルのゴーグルの型番を調べて、それを購入しようと型番が同一の物を見つけても、販売されている商品はセンターバックルでないという事がありますので注意して下さい。
大体、相場と値段が離れていると、型番は同じでもベルトのタイプが違うものの事が多いです。
商品写真を見るだけでは、裏(ベルト部分)が分からない店舗もありますが、商品説明や画像で確認しておく必要があります。
また、もう一つ注意しておきたいのが、ゴーグルのカラーも画像から感じる印象と異なる事もあるという事です。
ブラウザや視聴環境によって色の見え方は変わってきますし、写真の撮り方によっても実物を見たときに感じる印象と違う事もありますので、念頭に置いておく必要があります。